■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。
あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。 目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:2022/8/03

皆様おはようございます

昨日は、なかなか寝つかれませんでした。

相方と最近いろいろ話をしているのですが…

キャリアアップや転職をするために、勉強をしたり
エネルギー管理士とかの資格を取ったりしている人もいるし、
今の不景気、いろいろいます

というわけで、ミーも何かしないといけないかなって
最近思うことが多いのが正直なところ。

パプアニューギニアに行って、刺激を受けてきた妹も
何やら勉強をするみたいで。


一週間くらい前も体調を崩していた友達と久しぶりに会って、
神戸に行って来たんだけど、最近1kg痩せて
食べれないんだよねーって。

仕事で悩んでて、大好きなキムチ牛丼も食べたくないって
重症だね、こりゃってカンジ。

マッタリしようと思ってるみたい。

休みは14時くらいからエアリーシェイプネオや
岩盤ヨガと健康に気遣っているみたいだから、
ある程度のリフレッシュはできてるみたいだけどね。

意外に誰でも言えずに悩んでいたり、悩み事とかあるもの
なのかなーって思ったりした。

ミーだけじゃないと思うだけでも、気分的には違うよね。

休みの14時からとか暇ある時に、一緒にリフレッシュ
してみよっかなー。

首とか痛くなっちゃいそうな気がするけど(笑)


実家に帰るとか言う話もあるけど、それはそれなりにプレッシャーに
なったりもするわけで、今はこのままもうしばらく考えよう。

家賃が支払えなくなった時には・・・

実家に帰るしかないけどね。


明日はいい日だ。がんばろ〜^^


ホーム サイトマップ