■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました



■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2021/5/10


わたくしは、減量のために、
連日飲んでいたお酒をやめる事にチャレンジしました。

それまで夕方食でお酒を飲むというのは、
完璧に「習慣」でした。
これを「やらない」ということは考えられないくらい…

だから、「お酒を飲まない」という事を考えただけで
「せっかくの夕方食が満足できないのではないか?」
「飲まないとご飯が美味しくないのではないか?」
「晩眠れなくなるのではないか?」
…などなど
「現状維持の本能」が全開で障壁を作ります。

そもそも、人間のからだにとってお酒って有害ですし、
飲み続けていたらからだを壊すこともあり得るわけです。

しかし「現状維持の本能」はそんなことすら関係ありません。
将来、からだを壊そうが、アル中になって精神を壊そうが、
メタボになってしまおうが…
「現状維持の本能」には、そんなこと関係ないのです。

さらにお酒を飲んだ時の刺激や酔った時の恍惚感って
脳にとっては忘れられない快楽ですから、
一度それを味わっただけで連日でも欲しがります。

これは「お酒」を
まるきり「スナック菓子」に置き換えても同じことが言えます。
だから、お酒やスナック菓子って習慣になりやすいんですね。

そして一度習慣化してしまうと、
「現状維持の本能」が働いてやめる事を阻止します。

これを変えるには、
減量に成功して「痩せた自分」を
イメージすることが非常に有効だと思います。

わたくしは、息の長い減量を続けるには、
これが必須だと思っています。

とにかく、
「現状維持の本能」に打ち勝たなければ、
悪い習慣をやめることもできませんし、減量も続かないのです。
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックパーフェクト情報局