■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係


■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいることでしょう。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。

ドライアイになっている方でも、レーシックの手術を受けることは基本的には可能となっています。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 ドライアイというのは、長い時間目を開けていることが出来ずに、しょぼしょぼと異物感があったりする目の状態のことを言います。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。




■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係ブログ:2022/5/14

コンニチワー

ほとんどの人は「利き手」というものがあります。
同時に利き足、利き目、利き耳など、
日常の無意識の中で左右どちらかだけを多く使う生活をしています。

そうすると体質の左右のバランスが崩れて、
体質に「ゆがみ」が生じてしまいます。

体質がゆがむことで
肩こりや腰痛、頭痛、めまい、生理痛、部分太りなど、
体質全体に悪影響を与えてしまいます。

ゆがみがひどくなると血行を阻害し、
内臓にまで影響を及ぼすことも少なくありません。

特に骨盤のゆがみは、
減量に悪影響をもたらすようです。

骨盤がゆがむと、背骨にもゆがみが生じてきます。
骨盤が背骨を支えているのですから、
土台がずれればその上にある骨がずれるのは当然です。

そうすると、全身の筋肉のバランスが悪くなり、
血液やリンパの流れが悪くなって、肩こりや腰痛などを引き起こします。

また、冷えやむくみ、代謝が悪くなることによる
下半身太りやO脚、肥満の原因になることもあります。

その上、疲労がたまりやすくもなるので、
体質を動かすのも億劫になってトレーニング不足となり、
ますます筋肉が衰える…
という悪循環にはまってしまうことになります。

それ以外にも、女性は特に気になる
「尻が垂れている」「足が太い」
「腹周りに変に脂肪が付く」など、
スタイルが崩れる原因になっていることもよくあります。

このように見てくると、
減量のために食事制限しても、トレーニングを頑張っても…
成果が見られない場合は、骨盤のゆがみが原因なのかもしれませんね!

皆さん!ゆがみを直して、
減量を成功させましょう!
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックパーフェクト情報局