■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具

レーシックとは角膜に対してエキシマレーザーというレーザーを照射して、屈折率の矯正をしていくことで視力回復を目指すものです。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。

 

レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 レーシックではまず角膜の表面をスライスし、「フラップ」と呼ばれている蓋状のものを作成していきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。



■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具ブログ:2022/1/16

ダイエットを始めたけど、
体重に左右されたくないから、体重計にはあまり乗らない…
普段から体重計に乗るのをなんだか避けてしまう…
ダイエットに失敗し続けていた頃のミーは、そんな感じでした。

ダイエットがなかなか成功しない友人からも
同じような話を聞いたことがあります。

だからこそミーは、
ダイエット中には、
連日体重計に乗った方が効果的だと思うんです!

以前、体重計が壊れてしまい、
体重計がない状態が長く続いた時がありました。

それまでは、
連日体重計に乗っていたので
体重を計れない事が始めは不安だったりしたんです。
でも、馴れるとあまり気にしなくなりました。

少し太ったかな?とは思いつつも、
そんなにたくさん食べすぎている事もないし、
さほど体重も増えていないだろうと思っていたんです。

これが落とし穴だったんです。
想像と現実って、結構差があったりするものですよね。

そこまで体重は変わっていないと思っていたのに…
実際は7キロも増えていたんです。

連日体重計に乗っているのと乗らないのとでは、
ミーの場合、大きく差が出てしまったんですね。

「体重を見るのがイヤ!」
こう思って避けていると、
結局は想像でしかないので、現実がわからないんですよね。

ですから、
二日に一回でもいいので体重計に乗ることを、
ミーはおすすめします。
その方がダイエットにもきっと良い影響を与えると思います!

今の状況をなんとなくしか解っていない…
これではダイエットが
なかなか前には進まないと思うんです。

しっかり状況を把握して、ダイエットを順調に進めましょう!


ホーム サイトマップ