レーシックパーフェクト情報局

レーシックパーフェクト情報局

見逃すことの出来ないレーシック情報を《レーシックパーフェクト情報局》でご案内しています。
安心してレーシックをするために、まずはサイドメニューを熟読してください。多くの人が気になることかと思いますが、レーシックによって失明をしてしまうという心配があるかと思います。
失明という事例はこれまでに報告されていませんが、視力を思ったより回復させることが出来なかったということは稀にあります。レーシックというのは、目にメスを入れる手術ですので、どうしても心配をしてしまうかと思います。
しかし信頼することの出来る医師にレーシックをしてもらうことで、ほぼ確実に視力を取り戻すことが出来るのです。

 

「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。




レーシックパーフェクト情報局ブログ:2022/10/04
一週間前、ある大学教授が
テレビでこんな事を話されていました。

大学の廊下にベンチがあるんだけど、
そこに女子学生が横になってたんだよね…

具合悪いのかな?って心配したんだけど、
どうやら本人に聞いてみると
そうではなくただメールを打ってたんだって。

次彼女を見たときも同じ様に横になっていたから、
ちょっと彼女の様子を見てたんだけど、
通路に背を向けて、あしを曲げでベンチに横になり、
口にはチュッパチャプスを入れ、
携帯片手にカチカチとメールをしていた。

それを見てこう感じたんだ。
「あ!彼女は赤ちゃんだ!!」
あめはおしゃぶりで、携帯はガラガラやオモチャの代わり。

寝そべっているポーズも
まさしく赤ちゃんが
まだママのお腹の中にいる姿と同じだ!ってね…

この話を聞いた時に、
何かがミーの中でハマりました。

電車の中で一見マナー違反に見える人達も、
行動だけを見れば3〜4歳以下の小さな子供と
大差がないんですよね。

ただ使っている道具や本人の外見が子供の頃と違うだけ…
子供は電車の中で騒ぎます。
でもそれは退屈がイヤで我慢できないからです。

また子供たちの世界は狭く、
人間関係の単位は「家族」程度なので
逆にそれ以外の人の目はあまり気になりません。

もしかしたらミー達は
赤ちゃんや子供の頃に戻りたいのかも知れませんね。

その頃に欲しかった何ががあり、今それを取り戻そう!と
ミー達は必死に頑張っているのではないのでしょうか?

でも他に方法が分からないように感じるので、
子供の頃と同じ行動をとる事で
あの時の感覚に近づこうとしているのかもしれませんね。

今日も電車に乗りながら
そんな事を思うミーなのでした。


ホーム サイトマップ
レーシックパーフェクト情報局 モバイルはこちら